青い回転灯が目印

大分 坂ノ市一文字 瀬渡し船 大勝丸

坂ノ市一文字のご案内


【6号地高場】
春の乗っ込みシーズンには大型チヌが出没するポイント。先端部にあるテトラ周辺が好ポイントとなるが、シーズン・インすれば、辺り一帯で釣れるのが嬉しい。その名の通り釣り座が高いので、5m以上のタモが必要となる。



【6号地新波止】
魚影の濃さから言えば、沖一文字に並ぶほど。特に先端部回りはアジ、サバ、マダイ、チヌ、スズキ、ブリ、秋にはモイカ(アオリイカ)の数釣りも楽しめる。潮切れが良く、その分魚影も濃くなっている好釣り場。ただし、北西の風に弱いので、冬場の釣行には気を付けたい。春のチヌ釣りにはお勧めな釣り場だ。

【6号地切れ波止】
高場の沖に位置するのがこの6号地切れ波止。ここもフカセ釣りやカゴ釣りにチヌ、マダイが出る所。年によっては秋にアジ・サバが回遊する年もあるが、横一文字や6号地新一文字のアジの方が若干型がいいかも…。それでもシーズン・インすれば、手軽に数釣りが楽しめる人気の釣り場。

【横一文字1番】
全長約4kmの大分県内でも最大級の沖一文字。その西側先端部周辺がこの横一文字1番となる。6号地新波止との水道部をカゴ仕掛けで流すと、チヌやマダイ、アジやサバがヒットする人気の釣り場である。おそらく6号地新波止との中間部に瀬があるので、カゴなどで流しながらそこを狙うと、大型マダイもヒットする。

【横一文字2番3番】
どこから2番でどこから3番といった明確な区別はあまりないが、大雑把に横一文字を区分けした時、1番(西側先端部)に近い方から2番、3番と数える。ともにフカセ釣りにアジ、サバ、チヌなどが釣れるし、外側のカゴ釣りにマダイも多発する。また、落とし込み釣りはこの周辺が狙い場となる。

【横一文字4番】
坂ノ市一帯で一番最初にチヌ釣りがスタートするのはこの周辺」と昔から言われている釣り場だけに、春になるとこぞって釣り人が押し掛ける。もちろん、チヌ、マダイ、アジ、サバや夏にはタチウオ釣りなどで賑わうが、実はイシダイのアタリもある面白いポイント。

【縦一文字】
縦一文字の灯台周りは、坂ノ市一帯でも指折りのポイント。潮通しもよく、年中何かしらの魚が釣れるポイント。特に夏場には大型タチウオの数釣りが楽しめることもあり、泊まり組が多数訪れるポイント。最近話題のカンダイも多く、外側を狙えば30~35cm級のクロの数釣りも楽しめる。

【沖一文字】
横一文字と並び、釣り人から人気のある防波堤。ポイントはやはり先端部と、横一文字の水道部に集中する。カゴ釣り、フカセ釣りにマダイ、チヌの数釣りが楽しめる。特に大型マダイが頻発するのはここ沖一文字周辺だろう。ただし、潮が二枚潮になりやすいので水中ウキやオモリなどを付けた仕掛けが必要な日が多い。足元は水深12~15mだが、竿2本先から一気に20m前後まで落ち込み適度なカケアガリを形成していることが、この釣り場を好条件にしている。

▲ページトップに戻る